離婚と死別について――佐々木正美『ひとり親でも子どもは健全に育ちます』より抜粋

  • 2020.07.31 Friday
  • 11:03

 

離婚をして子育てをしているような場合には、自分の人生の失敗に子どもを巻き込んで悪いことをしてしまったと、こころのどこかで負い目を感じているお父さんやお母さんもなかにはいると思います。

 

子どものためにと離婚を我慢することは、親も子どもも負担になります。

 

よい人間関係というのは、「必ず相手に与えられ、かつ与えられているものがあり、双方で等しい価値を実感し合っている関係だ」というものです。この言葉は夫と妻の間にもいえることで、こうした関係が成立しないのなら、残念ですが別れて暮らした方が子どもにとって幸せな場合が多いでしょう。

 

離婚というのは罪を犯したわけではなく、人生においてひとつの挫折をしただけのこと。しかも、離婚はその人自身がよりよい人生を歩むために真剣に悩み、最終的に下した決断です。しばらくの間はこころが苦しかったり、落ち込んだりすることがあったとしても、子どもに対して負い目を感じる必要はありません。

 

むしろ、これからの人生を前向きに捉え、子どもといっしょに楽しく生きていく努力をしてほしいと思います。

 

死別してひとりで子どもを育てている場合も同様です。これからの人生を子どものためにも力強く生きていってほしいと願います。

 

子どもは親や周囲のおとなたちの生きる姿から生きる術を学び、生きる力を身につけていくからです。

 

その観点から、いま私が危惧しているのは、ひとりか、あるいは両親がそろって子育てしているかということより、親自身の生き方が孤立していて、生きることに下手になっている点です。

 

佐々木正美『ひとり親でも子どもは健全に育ちます』より

 

ーーーーー

 

夫婦関係は投影関係でもあるので、離婚の場合、自分はこの関係を「やりきった」という離婚は、お互いにとってよい結果を出していくように思います。

 

ひとことに離婚といっても、場合によっては法的手続きが完了するまでに数年かかることもありますし、心的離婚が完了するまでにはもっとかかることもありますので、適切なサポートを得ながら、自分自身でそれを「決断した」という心の状態になられることが、大切に思います。

 

死別の場合、適切なサポートを得ながら、また、家族間で、喪失の痛みを丁寧に分かち合うことが、とても大切に思います。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM