「結婚」の心的次元における意味

  • 2020.07.22 Wednesday
  • 16:16

 

「結婚」は、「そのパートナーとともに自分の人生を棒に振ることだ」と言った人がいます。

 

「おおぉ、まさしく、その通り」と思いました。

 

こういう抑うつポジションから、結婚した場合には、やってくる様々な困難も乗り越えていくことができるのでしょう。

 

深層心理学的に言うと、結婚相手には「自分自身の何かを投影」しているわけです(結婚相手でなくても人間は誰かに投影をしょっちゅうしていますが)。

 

つまり、自分自身の心の全体性に向かってその相手と共に取り組んでいくのが心理的次元での結婚なわけで、ケンカのない夫婦がいるわけがありません。

 

むしろ、ケンカがないのはヤバいかもしれません(そうではないケースもあるかもしれませんが、プチケンカはあった方が健康と言えます。また、極端なケンカ、激突&離れるのが激しいのは、不健康と言えます)。

 

ユング派のグッゲン・ビュール・クレイグによれば、結婚はお互いの「魂の救済」であって、そのために「鎖でお互いをつなぐ」のであって、「もはやこの意味での結婚は少数にしかできないほどの天職となっている」そうです。

 

とはいえ、たいてい現実的には結婚は「勢い・間違え・寝違え」と言われるわけで、結婚してみたら「何でこんな相手と…」となりがちです。

 

子どもの健康からみれば、離婚した方がよいケースもあります。また、個人の人生全体の健康からみれば、離婚してはいけないわけではありませんし、結婚しないといけないわけでもありません。

 

にもかかわらず、「結婚」にはいろいろなイメージがつきまとい、それに振り回されてしまうことも多いようです。マスメディアや世間や伝統的価値観がそうさせる面ももちろんあるでしょう。

 

結婚するにも、離婚するにも、野口整体的には「やりきる」ことが大切です。

 

また、心理的に大切なのは、「自分がそれを、相手を、主体的に選ぶ」ということです。

 

 

第二派フェミニストに言わせれば、「結婚は特定の相手としかセックスしてはいけない制度だ」というのはその通りで、現代日本の制度的には結婚はそういうものなわけです。

 

近年は、日本でもパートナーシップ制度を独自に設けている自治体も出始めていて、そうしたところにも新しいパートナーシップのあり方への多様性の始まりを期待したいところです。

 

結婚は、多角的な方面から考える必要があるで、一概に「こうです」とは言いにくいのですが。ここに書きながらも、あれも書かなきゃ、これも書かなきゃで、すぐには書ききれません。

 

大事なことだけ書くと、結婚するとは、要するに「運命共同体」になるわけで、そこには何か長期的に共有する「目的」があるとよいように思います。

 

「運命共同体」が目的を共に生きていくには、その前に、個人の意志があるとさらによくって、そんな結婚ができたら人生は充実するのかもしれません。

 

「結婚って何ですか」という若い学生からのご質問があって、なかなか難問なわけですが、心的次元での意味を簡単にまとめてみました。

 

要約としては、結婚は「幸福ドリーム」ではないということです。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM