「できない」ということの大切さ

  • 2020.06.22 Monday
  • 12:09

 

私たちは小さな頃から、何かが「できる」ようになると周りの大人たちから褒められてきました。

 

大人になってからも、何かが「できる」とそれは成果とされ、評価されてきました。

 

そのためなのか、対人関係においても相手の言うこと(要求)を「できないといけない」と考える人が多いように感じます。

 

「Yes」しか言っちゃいけない、感じ。

 

昔、『「No」と言えない日本人』という本が話題になったことを想い出します。

 

しかし、特に、親密な人間関係においては「できない」ということが、心の境界線を引くうえでとても大切になってきます。

 

どうも、年下の相手や子どもに対しては、大人たちは残酷なまでに平気で「ダメ!」とか「いけない」とかいっているのに、年上やパートナーに対しては同じように言えないのです。

 

よく考えてみると、おかしな話です。

 

「私はそれはできない」ということは、自分の個性のありかを示すものでもあります。

 

自分の主体性を育むものでもあります。

 

「できない」ことは、劣等生や能力の低さを示すものではないのです。

 

「できない」ことがあっても、人間はしっかりと関係を結んでいくことができるのです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM